スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ピニャータ、作り方(ものすごい長編です、今日)

    参考にしたのはこちらのサイト Wiki how hou to make pinata(リンク)

    IMG_8291.jpg

    新聞紙、2〜3センチ幅の細さに切ります。

    これ、ピニャータが大きければ、太い幅でもおっけー、ピニャータが小さければ細い幅で。

    長さもお好みで、今回は20cmくらいです。

    IMG_8292.jpg

    うち、新聞とってないよ〜というかたは、無料の新聞Midweekを(過去記事「無料のMidweek申し込んでみました」)注文してください。

    IMG_8293.jpg

    今回使ったのは、ゴミ袋。

    上のリンクのサイトでは、風船を使っていますが、要は固まってから細い穴を使って取り出せるものなら何でも。

    空気が途中で抜けないように、口をしっかりと縛ります。

    IMG_8295.jpg

    この写真、室内なのですが、液が落ちても掃除しやすいように下にピクニックシート敷いてます。

    IMG_8294.jpg

    小麦粉2カップ、水2カップ、塩大さじ1を混ぜます。

    が、サイズによって分量は違うので、比率だけ目安に。

    ちょっと固めのお好み焼きの生地、くらいです。

    IMG_8296.jpg


    新聞紙、つけまーす。

    片面だけでいいのでしっかりつけて、すぐに引き上げないとやわらかくなって破けるのでご注意を。

    IMG_8297.jpg

    片手で引き上げながら、もうもう片方の指の間で挟むように、無駄な液体をしごいて除きます。

    IMG_8298.jpg

    こんな感じ(って、この写真、液体がつき過ぎかも.....)

    IMG_8300.jpg

    なるべく同じ方向になるように、ちょっとずつ端っこを重ねながらペタペタ貼付けていきます。

    乾かすのにぶら下げる必要があるので、赤いひも周りは新聞紙つけてません。

    風船などのときも、ひもを取り付けたりして、乾かしやすいように工夫するといいかも。

    もしも、した部分が重力に負けて落ちてくるようなら、上半分つける→乾いてからひっくり返して下半分つける。とかしても。

    (というか、今回はそうしました、反対側にもひもをつけてひっくり返しながらながら乾かせるように)

    IMG_8361.jpg

    一通り、表面を覆ったら、乾かします。

    で、これの繰り返しを2〜3回。

    最初の1回目が縦→乾燥→横→乾燥→縦、という風に、格子状に新聞紙を貼っていき、強度を上げます。

    IMG_8398.jpg

    次にTissue Paper=クラフトなどで使う紙、と工作用ののりを用意します。

    IMG_8399.jpg

    これも同様に2〜3cmの幅に切って、なるべく格子状になるようにのりで貼付けていきます。

    IMG_8401.jpg

    これも乾かして、乾いたら袋の取っ手を切ります。

    穴があいてるので、ここも新聞紙&ティッシューをはって、乾かします。


    IMG_8405.jpg

    お好みで、好きな幅に切ったティッシューに切り込みを入れます。

    IMG_8406.jpg

    全面覆うので、い〜っぱい作って。

    ヒラヒラ部分が下向きにに来るように、水平に張っていきます。

    デコレーションががうまく出るように、模様を出すには下から初めて上へ上へ重ねていく方がおすすめです。

    IMG_8453.jpg

    なるべく上の方に穴をあけます。1カ所だけ残して3方切ります。

    IMG_8455.jpg

    ここから袋を取り出して。

    IMG_8465.jpg


    ここにキャンディー類を入れるのですが、今回は大きさ=重さがあるので、ぶら下げるためのひもを取り付けるのに一工夫。

    (というか、穴あけてひもを上に通したら、重みで穴が広がってきたので応急措置)

    IMG_8467.jpg

    ひもの負担が減るように、内側に補強用の固い紙を入れてから、穴をあけました。

    (って、ちょっとわかりにくい説明ですね)

    IMG_8460.jpg

    底も、1カ所に重みが集中しないように、コピーペーパーを何枚かしいて。

    IMG_8461.jpg

    今回中に入れたのは、フルーツグミ。

    IMG_8462.jpg

    バンドエイド。

    IMG_8468.jpg


    チョコよりましかな〜というお菓子類。

    どうせガラクタになってしまうので、我が家はおもちゃ入れませんでしたが、子供が喜ぶものであまり重くないものなら何でも入れてオッケー。

    IMG_8469.jpg

    オクトナーツのクワジ、一応出来上がり。

    IMG_8540.jpg

    ちょっと鼻が小さすぎたけど、5歳児を喜ばすには十分なでき(って、自画自賛)

    今回は、新聞紙2レイヤー+ティッシュ+ティッシュデコレーション、

    が、ちょっと強度が足りなかったので、で子供17人のうち15人目でこわすことができてしまって、ちょっと残念です。

    ちなみに前回作ったときは、小麦粉たっぷり目の新聞3レイヤー、コピー用紙+デコレーションで、子供たちが何度たたいても壊れず。

    大人が思いっきり棒を振り回して、何回かがんばった結果壊すことができたのですが、これはこれでちょっと失敗。

    子供たちに全部順番がまわって、なおかつ2回目くらいで主役が壊すことができるのが一番いいんですねどね〜。

    という訳で、ピニャータ作り。

    キャラクターものは$20〜から、なので
    「壊すもんにそんなお金かけてもったいない!!!」

    招待す子供が多すぎて
    「普通のサイズのピニャータではたりなさそう!!!」

    今回のうちの子のリクエストのように
    「キャラがマイナーすぎてお店ではうってない!!!」



    そ〜んなハワイの&アメリカ本土のオカンのみなさん、時間と手間が惜しくなければ、1週間くらいあれば作れます。

    ものすご〜く急いだら、扇風機とかで乾かしながら2日くらいで作れます。

    大きいお兄ちゃんお姉ちゃんは、手伝ってくれるかも(うちの子は小麦粉べたベタはいやがりましたが)

    正直言ってめちゃめちゃ、めんどくさい作業でした....

    が、子供たちは絶対喜んでくれます。

    覚悟を決めて、がんばって作ってみてくださいね〜!!!
    関連記事


    ☞ 関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。